ホーム > タグ > Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical VM

Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical VM

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町 那智の滝


LEICA M10 / Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical VM / LEICA Summicron 90mm F2 3rd
LEICA Q

言わずと知れた落差日本一の名瀑「那智の滝」。文句なしの世界遺産でございます。そういえば何度も来ていながら、この滝についてはほとんど触れたことがなかったのだった。何故だ…那智といえば那智の滝、くらいのイメージを持たれている方が多いのではないかと。私もかつては死ぬまでに一度は訪れたい、なんて夢見てましたっけ。特に東京で暮らしていた時代からすると、和歌山県の那智なんてところはもう異国にも等しい存在ですよ。実際下手な海外に行くより時間もお金もずっとかかるという恐怖。そこから怒涛の勢いで何度も訪問することになろうとは、それこそ夢想だにしませんでしたが。

全文を読む

和歌山・三重をぶらぶらしてきました


LEICA M10 / LEICA Summicron 90mm F2 3rd

昨晩急遽思い立ってですね。そうだ那智行こう、と。
人混みが嫌いなワタクシですから当然の前夜出発。深夜3時に現地到着して缶ビール1本注入、歯磨きをして2.5時間就寝。夜明けとともに大門坂を登って熊野那智大社参拝からの那智の滝。熊野のおからすさんでコロナ退散じゃー!ということで、牛王宝印をいただいてまいりました。額装して仕事部屋に飾ります。今回は特に熊野三山を回ろうと思っていたわけでもなく、とにかく那智でだらだら過ごしたいというパッションだけでやって来たので、那智山だけで3時間以上過ごしたのではないですかねえ。集落をふらふら歩いて地元の方にお犬様を触らせていただいたり、とにかくまあ本当にだらだらと過ごしてきました。この時期に来たのは初めてのことですが、流石に汗だくになりますね。汗が部活マンだった10代の頃のように水っぽいフレッシュな汗で笑ってしまいました。デスクワーク中のラードのような汗とは大違いだぜ。


LEICA M10 / Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical VM

その後は紀宝町の浜辺で1時間以上もひたすら波に向かってシャッターを切りまくり、最後に尾鷲の飛鳥神社で巨樹を撮影して帰路へ。飛鳥神社の巨樹群は間違いなく三重県ナンバーワンの見応えだろうと確信しているのですが、あろうことかワタクシ過去二度も訪問していながら三重県第3位のクスノキを見逃していたという…ええ、大満足でございました。

9月半ばになってアレですが、今年の夏で一番汗をかいたように思う。満足度やばし。旅というとついつい新しい土地へ行きたくなりがちですが、このご時世だからこそ敢えて余裕を持って身近な今まで訪れた場所を再訪してみる、というのは悪くないのではないでしょうか。外食したい→前に食べたしええやん。あれもこれも行きたい→前に行ったしええやん。みたいな。人との接触を避けながらどう生きていくのか。そろそろ各々で確立すべきときなんじゃないかなあ。どうも徐々に制限を緩和して世の中元に戻していこうぜ的な向きがありますが、いやいや徹底我慢か以前に戻すかの二択で考えるのって酷く頭悪くねえかと思うんですけどどうなんでしょうね。私にはアホの船頭に従って泥船に乗り続けることが正しいことだとはどうしても思えません。

Diary


LEICA M10 / Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical VM

昨晩は早めの就寝。夜中に腕の痛みと悪寒で目覚め、用心のためバファリンプレミアムを2錠。そこから7時まで眠り続けてアイスコーヒー豆乳割とおにぎり1個を朝食とする。その後は大事をとって布団でごろごろ。14:50現在まで今のところ一切発熱しておりません。腕は痛いし、頭がぼーっとして風邪をひいたような感覚はありますが。これは副反応への勝利と言ってよいのだろうか。今日はこのままゆっくり体を休めて、明日には近所を散歩して体力を回復させられたらいいなあ。

Diary


LEICA M Monochrom (Typ246) / Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical VM

二度目のワクチン接種を明日に控えて午前中は近所を散歩して最低限の運動、午後はポカリやイブプロフェンなど購入して来るべき高熱に備えたり。正直言って個人的にはワクチンの効果に全く期待していないので接種しようがしまいがどうでもいいのですが、近い将来確実に他人に不寛容な世間様がワクチン未接種者をゴミのように扱い始めるであろうことは想像に易いわけで、大樹の陰に寄り添うワタクシとしては面倒に巻き込まれないためにもさっさと接種を済ませておこうと、そこはまあそんな感じです。ワクチンを接種すると他人への感染まで予防できると勘違いした意味不明な方が多いようなので仕方ありません。

経口治療薬がそこらの調剤薬局にまで出回るような状況になれば世の中も落ち着いてくるのではないですかねえ。年内には収束して業績回復だぜ!とか阿保の極みみたいな夢はさっさと捨てて、とにかく焦らず数年ほど気長に待つのが吉でしょう。

Diary


LEICA M Monochrom (Typ246) / Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical VM

ようやく地獄の熱帯夜を脱しつつある今日この頃、2ヶ月?3ヶ月?ぶりに深夜の伏見稲荷大社を散歩してきました。いつもどおり写真を撮りながら稲荷山山頂まで一周。やっぱり同じ時間歩くにしても高低差がある方が足への負担を実感できて遥かに気持ちいいですな(変態)。汗をかいて夜景をぼけーっと眺めていると、身体の内側からすーっと毒素が抜けていくような感覚がある。これからの秋はとにかく歩きまくって、この夏の間に随分と澱んでしまった心を綺麗に清めたいところです。

しかし手振れ補正無しのカメラを持ち歩くと、SONYやPENTAXの手振れ補正の素晴らしさを大いに痛感します。
昨晩だけでも何度「K-1と77mmリミテッドだったら…」と思ったことか。

Home > タグ > Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical VM

CATEGORIES

Return to page top