ホーム > タグ > 滋賀

滋賀

Diary


Panasonic LUMIX GF5 / LUMIX G 1.7/20 ASPH.

長女用にタダ同然の捨て値で買った中古のGF5。これなかなか悪くないですね。標準ズームとのレンズキット美品を買ったんですが、標準レンズ単体の中古相場くらいの値段でボディまで手に入ってしまいました。こちらの1.7/20を付けて写真練習用に贈呈する予定です。さて本日は台風一過の琵琶湖サイクリングロードへ。まあ頑張っても車に詰めるのは4人+2台が限界なのでワタクシは小走りでムスメたちに付いていくだけですけど。A-bikeでも買おうかなあ。


土産物Tシャツマニアとしては「水止めたろか!」Tシャツが気になって仕方ないわけです。ええ、水とめたろか!は琵琶湖有する滋賀県民が奴隷たる京都人を煽る際の常套句。ちなみに逆に京都人が滋賀県民を煽る際の常套句は「ゲジゲジ」です。滋賀の滋という漢字がゲジゲジしていることから生まれたと思われるこの蔑称。ちなみに一昔前まで京都市内を走る滋賀ナンバー車は「ゲジナン(ゲジゲジナンバーの略称)」と呼ばれ、それだけで煽り運転の対象となっていたとか、いないとか。まあどうでもいい話ですね 笑

こんなの何処に着ていくの?と思われるかもしれませんが、主に旅先での寝間着として活用しています。どうも苦手なんです。浴衣とかバスローブ。

Diary


FUJIFILM X-Pro2 / XF 23mm F1.4 R / Film Simulation “PROVIA”

滋賀県立琵琶湖博物館、再訪。今回も4時間くらいは滞在してた。京都にはこういう気の利いた施設が無いんだ。本当に。

滋賀県立琵琶湖博物館


FUJIFILM X-Pro2 / XF 23mm F1.4 R / Film Simulation “PROVIA”

琵琶湖大橋の向こう側にそんな施設があるということは何となく知っていたものの今回初来館。素晴らしい施設ですね。京都市内はとにかく子連れで出かけるポイントが致命的に少ないので我が家は滋賀県や福井県まで遠征することが多いのですが、何で今まで来なかったんだろう…と悔やんでしまうくらい良かった。2時間位のつもりが軽く半日遊んでましたからね。


淡水の生き物のみですが、プチ水族館的な施設もコミコミで本当にお得でした。こちらは淡水のバイカル湖に生息するバイカルアザラシさん。年間パスポートを購入したので、また遊びに来ようと思います。(いやホント、貧乏なto-fuさんですらもう少し払おうか?と心配になってしまうくらいの価格設定。物販コーナーで少しは貢献しときました。)

大津港


SONY α7RIII / SONY FE 24mm F1.4 GM SEL24F14GM

振替休日のムスメBを連れて大津港へ。


私とムスメは自転車。ヨメは木陰で読書。
琵琶湖湖畔は本当に気持ちいい。京都にはこういう気の利いたところが無いんだよな。

日常用途のSEL24F14GM、非常に良い感じです。寄って背景をボカしたりも出来るしソツがない。
これを使っちゃうとSEL24105Gのワイド端なんかやっぱりズームレンズの写りだよなあと感じてしまいます。
SEL24105Gだって単体で使ってる分には何の不満も無いレンズなんですが。

南湖一周ポタリング


Canon PowerShot G1X Mark III

今日はちょっと遠出して体を動かそうと昨晩から決めていたわけです。小浜港に車を停めて、そこから海沿いにダラダラ漕ぎ続けようかな、なんて。しかし昨日プールで不慣れな背泳ぎなんてやってしまったからなのか、夜明け頃に肉離れ級の強烈なこむら返りを食らいまして、寝起き早々足が痛い。いやホント痛い…これは敵わんということで軽めのプランに急遽変更し、昨年に引き続き南湖を一周することに致しました。 全文を読む

Home > タグ > 滋賀

CATEGORIES

Return to page top