ホーム > タグ > 滋賀

滋賀

Diary


LEICA M10 / Leitz Summicron 50mm F2 2nd

早起きしてムスメを連れ、恒例の琵琶湖散歩へ。途中のパン屋で仕入れてきた食料を静かな湖畔でほおばる。うまい。結構歩き回ったのと往復の運転で疲れたのか、帰ったら昼寝してしまいました。汚い運転する奴が多いから土日の運転は嫌いなのですよ。「馬鹿に腹を立てていると同じレベルまで落ちぶれますよ?」なんて、大昔の会社の上司によく言われましたっけ。要するに当時の私は馬鹿に腹を立てるという不毛かつ非生産的な行為を繰り返していたわけですが。今ではまず馬鹿との遭遇そのものを回避するためにも土日は極力車を運転したくありません。


最近ズミクロン50mm、1stと2ndの写りが好みな気分。これより設計が古いと周辺が荒れすぎて見るに耐えない(先月購入したズマール50mm F2なんてブログに取り上げるまでもなく、1日撮り歩いてそのまま売却しました 笑)し、新しい設計のものだと逆にこれならもう現行シグマで撮ればよくね?と感じてしまう。この微妙な写りの良さ(悪さ?)と色乗りの悪さがちょうどいいのです。室内で人を撮るとゾンビみたいな顔色になるのが難だけど、お散歩写真にはちょうどいい。

Diary


LEICA M10 / Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 SC

結局朝からなんだかんだやることが出来て一歩も外に出られず。起きてからまだ1,000歩も歩いてない。歩数とか消費カロリーを可視化することで運動した分の成果を実感しやすくなった反面、動きたくても動けない軟禁デイの数値まで否応なしに見せつけられることによるストレスや気持ちの落ち込みっぷりが半端ではない。これはつらい。

Diary


LEICA M10 / LEICA Summicron 90mm F2 3rd

本日も琵琶湖沿いをぶらぶら散歩。
猫ゾーンでしばし時間潰しして帰路へ。


LEICA M10 / Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 SC

それにしても今朝は寒かった。布団から抜け出したことを後悔するような寒さ。
結果的に昨日出かけた方がマシだったのではないかという。

Mマウントはレンズが嵩張らないので気軽に色々持ち出せていいですな。

Diary


SIGMA fp / Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 SC

敦賀で買ってきたふぐの卵巣の糠漬けが抜群にアテに良い。石川県の特定の地域でしか製造することが認められていない食品で、毒抜きになんと3年もの期間を要するのだとか。まずそこまでして食べようと思うか?とか何か色んな意味ですごい食べ物だと思う。これを最初に作った人は最初にこんにゃくイモからこんにゃくを精製した人と同じくらいすごい。

Diary


LEICA M10 / LEICA Summicron 90mm F2 3rd

雪国で暮らしてみたいという憧れがある…
でも実際住んだら大変なんだろうなあ。


私のような軟弱者は、たまに写真を撮りに行く程度で満足しておくべきなんだろうな。
たった30分散歩しただけで指の感覚が無くなってきてびっくり。

Home > タグ > 滋賀

CATEGORIES

Return to page top