ホーム > タグ > 京都

京都

Diary


PENTAX K-1 / PENTAX smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR

今年はどうも梅雨入りが早そうな予感がするので出かけるなら今週か来週では?ということで近所散歩以外は引きこもって仕事。
徳島の峯長瀬の大ケヤキをもう一度眺めに行きたいのと、まだ蚊が少ないうちに志々島の大クスのベンチでゆっくりしたいなと。
石徹白は夏の避暑地に最適なので梅雨以降に回す方向で。

Diary


SONY α7RIII / SIGMA 35mm F1.2 DG DN | Art

雨上がりの嵐山公園を散策。
修学旅行生とかツアー客とか少しずつ戻ってきたなあという印象。
(しかし修学旅行はともかく、大の大人が行列なしてぞろぞろと嵐山公園を歩いたところで一体何が面白いんだろう…)
京都市曰く「今後は観光公害を起こすほどの観光客を誘致しない。」だそうですが、さてさてどうなることか。
目先の金に目が眩んで過ちを繰り返すことだけは止めてもらいたいものです。


このところ葉っぱばかり撮っているような気がする。
新緑が美しすぎるので仕方ないのです。

Diary


Panasonic LUMIX DMC-GX8 / Panasonic LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 ASPH.

本日は雨の予報なので降り出す前に山道散歩。
先日購入したパワー森林香を試してみると本当に驚くくらい虫が寄ってこなくなった。最強すぎる。

OM SYSTEM OM-1 12-100mm F4キットを予約注文したので最近全く出番がなくなってしまった腕時計を一本手放した。当時新品30万円で買ってそこそこ身に着けた中古品がまさかの40万円になり、市場の高騰っぷりにびびる。少し話を聞くと10年ほど前に75万円で買ったサブマリーナ114060なんか現在150~180万円くらいが相場なのだとか。そこまで来るとキツネに化かされてるみたいで怖くて売れないんですが。狂ってるなホント。


LEICA Q

茨城県の結城酒造さんが火事で酒蔵二棟を全焼したとのニュースを見て数少ない京都の特約店リカーイン シマへ。
結城酒造の女性杜氏さんとは何度か直接お話したこともあるだけに、個人的には今年のニュースで一番ショッキングな出来事でした。
本当は1ケースくらいガバッと購入したいところですが、私のように買いに走る方も多いと思われるので2本で我慢。
私の前にいらしたお客さんもやはりニュースを見て「結ゆい」を買いに来たのだということでした。

私のような庶民には飲んで応援することしか出来ませんが、飲み終えてもまだ在庫が残っているようならもう一度購入したいところです。
設備の再建には長い時間がかかるかと思いますが、一日も早く営業再開されることを願っています。

Diary


SONY α7RIII / SIGMA 35mm F1.2 DG DN | Art

たまたま自転車で通りかかったので数年ぶりのぽん太。
相変わらず美味いのだった。


流石に手ブレが酷い。というか器を持った手がプルプル震える。

先月下期のヨドバシカメラ交換レンズ販売ランキングでニコンのZ 800mm F6.3が第1位とのこと。
これって恐ろしいことに金額ベースの話ではなく本数ベースのランキングらしいのですよ。凄いぞニコン。
しかし80万円の超望遠単焦点レンズなんていう超絶ニッチな製品が販売本数第1位って、一体どれだけレンズ売れてないんだよとも思うわけで。
写真界の未来は暗い。

Diary


SONY α7RIII / SIGMA 35mm F1.2 DG DN | Art

桜シーズン少し前に行って以来の伏見稲荷大社深夜徘徊。
深夜の山の空気の気持ちよさは異常だ。

まん延防止何とかが解除された今でも夜間の駐車場閉鎖は続いておりました。「コロナウイルス感染拡大防止のため深夜は駐車場を閉鎖」らしいけれど、深夜の駐車場を閉鎖することが一体どう感染拡大防止に繋がるのかが意味不明すぎる。本気で感染拡大防止したいなら日中の駐車場を閉鎖しろよ、と思わなくもない。まあそのおかげで過去類を見ないくらいに人の少ない稲荷山を散策できるわけで、私にとっては恩恵しかないのですが。


今晩も自分以外はイノシシだけだぜ、なんて思ってたら私以外にも若い女の子が一人だけいましてね。何となく気まずいのでじっくり写真撮影してるふりをして先行してもらうわけですが、彼女も写真でも撮っているのか撮影しながらのんびり歩いていても追いついてしまうのです。で、当然向こうも気まずいのでしょう。足音に気付くとペースダウンしてくれるので私が追い越すのですが、お互い撮影時?以外はほぼ同じペースで歩いているのか今度は私が追い越される→また追い越す→追い越される…というのを結局最後の最後、下山するまで繰り返してしまいました。

こんなことになるなら途中どこかで30分くらい休憩すればよかったなと。途中で分岐が何パターンかあるので毎回こっちにはいないor来ないだろうという方を選ぶのですが、それでも進むとやっぱりいるor来る、みたいな。お前は俺か。なんとなく気疲れしましたし、単独の女性ということで彼女は私以上に気疲れしたはず。申し訳ないことをしました。

Home > タグ > 京都

CATEGORIES

Return to page top