ホーム > タグ > 京都

京都

Diary


LEICA M10 / Leitz Elmar 90mm F4

降り止まぬ雨。部屋で読書したり映画を観たりするのも決して嫌いではありませんが、仕事がデスクワーク主体なのでオフの日は気分を切り替えるためにも極力外で過ごしたいのです。室内にいると否が応でも仕事というワードが頭の片隅にチラつくんだなあ。それならいっそ仕事を片付けてしまえという話なんですが、どうも気が進まないという。コロナの時代になってから自分の中でこれは良くないと感じていることがあって、全てに対して「こんなときだから仕方ない」と環境のせいにして無気力になりがちなところなんですね。分かってるなら動けよとしか言いようがない。うん、キリのいいところまで仕事を進めて気分転換の散歩でもしてこよう。

Diary


LEICA M10 / MS-OPTICS SONNETAR 73mm F1.5

ずっと引きこもって働いていたので山道散歩を少々。
終始ぱらつく雪。いっそのこと積もるくらい降ってくれたら散歩も楽しくなるんですが。


本当は琵琶湖大橋でも眺めに行こうかと思ってたんですけど、きっと寒いんだろうなと。
まあどこにいても寒いんですけどね。今日は家の中ですら寒い。

Diary


LEICA M10 / Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 SC

ノクトンクラシック 1.4/40 SCから1.4/35 SCに買い替えました。というのもデジタルライカに手を出す想定などしていなかった=元々SIGMA fp用だったから40mmを購入したものの、やっぱりブライトフレームにピッタリ合う画角の35mmでないと地味にストレスが溜まるなあと。40mmも35mmも小さくて適当にいい感じに写ってくれる、実に良いレンズだと思います。適当に、というのがすごくいいんだなあ。

Diary


PENTAX K-1 / PENTAX smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limited

カスタムイメージ 雅、ホワイトバランス CTEというペンタックスの暴力。


ちなみにどちらもカメラ内RAW現像。適当にパシャパシャ撮って帰ってきて、カメラをポチポチ弄くりながら写真を見返していると結構な時間潰しになります。ソニーもライカも無いんだよな、カメラ内現像機能が。シグマは機能自体はあるものの内容がイマイチ。カメラ内現像機能の奥深さはペンタックスが他の追随を許さないレベルで優れていると思います。

Diary


SIGMA fp / SIGMA 85mm F1.4 DG DN Art

天ヶ瀬ダム管理事務所の方に撮っていただいた写真。ちなみに我が家の神がご不在なのは決して夫婦仲が悪いからではなく、今日一日ゆっくり休んでもらおうと私が子供だけを連れ出したからです。家族写真の撮影係はほぼ100%私が担当しているのですが、稀に「写真撮りましょうか?」と声をかけられることがあります。そのような場合せっかく好意で声をかけて下さっているのに断るのも無粋だろうということで「ありがとうございます。」となるわけですが、私の場合ズームも出来ない上にクソ重いヘンテコなカメラを持ち歩いていることが多いものですから、なんだか悪いなあと申し訳なく思うことが多々あるんですね。とはいえ今までカメラ構えてパシャパシャやってた奴がスマホを差し出してコレでお願いしますなんてのも、相手を勝手に機械オンチ認定しているようでイマイチ感じがよろしくない。私の考えすぎなのかもしれませんが。とにかくまあやっぱりサブ機はそれなりの大型センサーを積んだ普通のコンデジが一番かもね、という話。RX100シリーズとか。定期的に買い戻したくなりますなあ。

Home > タグ > 京都

CATEGORIES

Return to page top