ホーム > タグ > 兵庫

兵庫

今度こそ?本当に2022年最後の四国旅 最終日


LEICA M10 / Voigtlander ULTRON Vintage Line 28mm F2 Aspherical TYPE 1

5:50起床。睡眠スコアは86「良い」。素晴らしい。
窓を開けて部屋の空気を入れ替えながらコーヒー、きのこポタージュを朝食とする。
直帰してもいいくらいの満足度だけど最後に海を眺めて帰ろう、ということでカメラ片手に海辺をしばらく歩き回っていた。


刻一刻と表情を変えていく早朝の海は本当に気持ちがいい。
本日も晴天。暖かくなりそうだ。四国滞在中はずっと暖かくて、結局上着はずっと車の中に置きっぱなしだった。
天気予報によると元旦くらいまではこの暖かさが続きそう、とのこと。


充分に海を満喫したら高速に飛び乗り、丹波篠山に立ち寄る。
立ち寄るって自宅とは全然方向が違うわけですが。

もう何年も立ち寄れていないのに毎年欠かさず新酒の案内を送り続けてくれる狩場一酒造さんで、どうしても一本買って帰りたかったのです。
秀月のにごり酒を購入。これで香川、徳島、兵庫の地酒が一本ずつ。お正月用の日本酒枠はこれで充分かなと。

例年何となく福井の日本酒を買うのが習慣になっていましたが、今回は四国旅にして結果的に大正解でございました。
いやむしろ最高の旅だったと言ってもいい。これで何の悔いも残さず年を越せるぞと。
まあ旅に出る前から別に悔いなんて何一つ残ってやしませんけれども。

来年も良い旅ができるといいなあ。

Diary


PENTAX K-1 / PENTAX smc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limited

仕事もキリのいいところまで片付いたので、そろそろ海を眺めに行こう。
宿をとってのんびり過ごそうかと悩むも、片道150kmの距離で一泊するのもなんだかなあということで今回は日帰りの予定。
京都市内から敦賀市までちょうど100km、十津川村まで150km強といったところか。同じ京都府なのにどんだけ遠いねん伊根町。

前回の四国旅ではつい便利な巨樹用ズームレンズばかり使ってしまったため今回は敢えて封印することに。
家族旅行に行くなら便利ズーム一本スタイルがベストなのだけど、お気軽スナップ旅はやはり多少制約がある方が楽しめるように思う。
最良の成果を求めるよりもその成果に至るまでの過程を楽しみたいのです。


PENTAX K-1 / PENTAX smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limited

先日ムスメの誕生日パーティーの際、久々にFA43mmリミテッドを持ち出してあまりの寄れなさに驚いた。
最短撮影距離45cm(最大撮影倍率0.12倍)ってホントかこれ。50cmとか55cmくらいに遠く感じる。
寄れる広角、万能選手の31mmに決戦兵器の77mm。間に挟まれた43mmって実は不遇な存在なのかも。
まさか一番使い勝手がいいだろうと真っ先に購入した43mmが一番イマイチな評価になるとは思わなかったなあ。

藤坂の大カツラ ※2022/5/2 大枝折損してました


FUJIFILM GFX50S II / FUJIFILM GF 35-70mm F4.5-5.6 WR
LEICA M10 / Voigtlander ULTRON 21mm F1.8 Aspherical VM

憎きゴールデンウィークですが流石にここまで気候が良いと一日くらいどこかへ出かけないともったいない。ということで能勢の「野間の大ケヤキ」か丹波篠山の「藤坂の大カツラ」を眺めに行こうと思っておりました。

しかし考えてみれば連休中の野間の大ケヤキなんて、喧しいバイク野郎とチンドン屋みたいな格好をしたロード乗りに占拠されているに決まってます。せっかく喧騒を離れて自然豊かなところでのんびり過ごそうというのに、一体何が悲しくて奴らを視界に入れなければならないのか。そうなったら目的地は丹波篠山一択なのでございました。信号すらほとんど無い京北→日吉→京丹波経由ルートで快適極まりない。

で、いつもの急斜面を登って到着。何かがおかしい。

全文を読む

2022年初の四国一人旅へ


LEICA M10 / TTArtisan 28mm F5.6

午前中で仕事を片付け、身支度を済ませて出発。身支度というかほとんど機材選びに時間がかかりました 笑 今回は瀬戸大橋ルートではなく明石海峡大橋ルートで四国に上陸です。ええ、今回どうしても立ち寄りたいところがありまして。とりあえずこちらで休憩がてら夕食用にかの有名な「ひっぱりだこ飯」を購入。淡路島に渡ると毎回買ってる気がするなこれ。食べた後に戦利品として残るツボは我が家のニホンイシガメさんのおうちとして活用しております。なお現在冬眠中。ひっぱりだこ飯なら苦労せずとも神戸で普通に買えるわけですが、むしろ神戸にはもう10年以上行ってないんだな。今のところ行く予定もありませんし。


LEICA M10 / Voigtlander ULTRON 21mm F1.8 Aspherical VM

国の特別天然記念物「加茂の大クス」。今回の旅の目的なんてものは一切ないんですけど、初日だけは存分にこの巨樹を眺めようと心に決めておりました。到着は4時前ですかね。少しずつ日が落ちていくのが美しくて、結局ここで6時まで過ごしてしまいました。うーん、言葉を失いますな。なんというか、後の自分がこのときの感情を思い出すために文章を残そうと思うわけですが、どう考えてもこの感情を思い出すにはもう一度ここに来る以外に方法はないのでは?としか思えないのです。こんな時間を過ごすためなら人生いくらでも頑張れるな…と。帰ったらまた頑張らないとな。

ということで現在香川県の隅っこで買い込んだお刺身とお酒を広げて一人宴会を繰り広げております。久しぶりの車中泊ですが、やっぱり最高ですねえ。自室ともホテルとも全然違うんだよなあ。このままチマチマと一人きりの時間を楽しもうと思います。え?明日の予定ですか?そんなものはない!まあ海を眺めて適当に過ごそうかなと。そんな感じです。

Diary


LEICA M10 / Carl Zeiss C Biogon T* 35mm F2.8 ZM

恒例の早朝出発。高速に飛び乗ってただただ海を眺めて帰ってくるだけの旅。どうせなら巨樹に立ち寄りたい…そんな欲を出し始めるとキリがないので香川県の屋島まで突っ走ってそのままUターンしました。景色をぽけーっと眺めながらこの一年を思い返していたのですが、苦労も不便もあったものの、それでもまあ悪くない一年だったのではないかと。毎日写真を撮り歩くことがどれほど心の支えになってくれたことか。ここまで写真に感謝した一年は今までの人生で初めてかもしれません。こんな状況に追い詰められていなかったらデジタルライカなんて死ぬまで買うことは無かっただろうしなあ。ええ、M10を手にしてから本当に毎日楽しい。引き籠ってウダウダ思い悩む暇があったらさっさとM10を買って庭のタンポポでも撮ってこい!と半年前の自分をどついてやりたい気分です。

Home > タグ > 兵庫

CATEGORIES

Return to page top