ホーム > タグ > 奈良

奈良

Diary


LEICA M10 / Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

ほんの少し。ええ、ほんの少しですが涼しくなってきました。まだまだ半袖一枚ですけど。

最近また自転車が不調気味で、どこかへ遠出する前に修理するかそれともこの機に買い替えてしまうか悩んでおります。またDAHONのHorizeでもいいんですが、そもそもこの数年は漕いでも数十キロくらいが関の山なので、もっと安物でも十分なのでは?とも思ったり。コンデジではなくM型ライカや一眼機を持ち歩くことが増えたので、落車リスクのある自転車よりも徒歩の方が相性が良いわけです。愛国心の塊のような私としては国内メーカーの雄ブリヂストンの「GREEN RABEL シルヴァ」が気になる。これの6速モデルなら5万円程度ということで懐にも優しく、今のところこれが最有力候補。

Diary


LEICA M10 / Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

本日は城陽で予定があったので早起きして少し足を伸ばし、予定前に奈良公園を2時間ばかり散歩してきました。
こちらは町内会のドブさらいを終えたばかりのシカさん。


まだまだ日中は半袖でないと厳しい暑さが続いていますが、朝9時くらいまでは随分と気持ちよく散歩できる気候になりましたね。
一月ほど前に訪れた頃と比べると人出もやや増え、修学旅行生と爺さん婆さんの団体ツアー客をちらほら見かけました。
大勢集まって騒いで…と若者ばかり責められがちですが、観光地民に言わせると未だに大勢集まって闊歩してる輩なんて老人以外ほぼ見ません。

用事を終えて先程帰宅して即シャワー。
ハイボールを飲みながら昨日撮った巨樹写真を眺めていますが、至福のひとときですねえ。

Diary


LEICA M Monochrom (Typ246) / MS-OPTICS SONNETAR 73mm F1.5

朝の奈良公園をぷらぷら散歩してきました。観光客が戻ってきたというよりも、昔のようなご近所さんの憩いの場としての奈良公園へと戻りつつあるように感じられる。うん、昔はこんな感じだったなあと。学生の頃だったか、国立博物館の向かいで知らないちびっ子に声をかけられて一緒にキャッチボールしたこともありましたっけ。そんな平和な空間。数年前の外国人観光客ラッシュは、元々緩やかに衰退しつつあった観光業界が僅かな間だけでもいい夢を見れたということで、スパッと忘れた方がよろしいのではないかと。狂ってましたよ、あれは。


2時間歩いただけでヘロヘロになったので奈良女子大裏手のパン屋で昼食を買って帰路へ。ちょうど分厚い雲に覆われだして気温も一気に下がり始めたこともあり、まあ帰るにはちょうどいいタイミングだったのかなと。無心で歩き回ると頭の中がスッキリしますね。これで明日からまた仕事を頑張れそうです。数日くらいは。

Diary


LEICA M10 / Leitz Summicron 50mm F2 1st “山崎ズミクロン”

長女と近所のお友達Aを遊びに連れていくため送迎ドライバーと化して一日を終える。鳴門産わかめの刺身、あかしハイボール。ハイボール用ウイスキーには安スコッチや安バーボンを用いていたのだけど、どうせなら国産、それも最近蒸留を始めたばかりの関西の小さな酒蔵を応援しようということで、この「あかし」だけを購入するようにしている。極度の飽き性の私としては同じ銘柄のお酒を買い続けるなんて異例の事態なのですよ。買って応援、飲んで応援(それも本当に塵のような金額を…)しかできませんが、何とか頑張っていただきたいものです。いや、違うな。共に乗り越えましょうぞ。

Diary


SONY α7III / SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary

就寝後1時間で目覚め、夜明けまで眠れず。もう気分を切り替えてこのまま一日頑張ろうと丁寧に豆をガリガリ砕いてコーヒーを抽出、カフェインを体内に注入したところで猛烈な眠気に襲われてダウン。結局11時までくたばっていた。なんだか何もやる気にならず15時まで外を眺めながらぼーっと過ごす。15時半になって、これではいかんとおにぎりを1個咀嚼したところでようやく思考が戻って来た。今ここ。


進行中のプロジェクトがキリのいいところまで進んだら、どこか遠くの海でも眺めに行こう。別にどこの海だって構わないのだけれど、できることなら若狭湾や敦賀湾のような日本海の湾奥ではなくダイナミックな太平洋がいい。それを励みに何とか頑張るか。

Home > タグ > 奈良

CATEGORIES

Return to page top