ホーム > タグ > SONY α7RIII

SONY α7RIII

Diary


SONY α7RIII / SIGMA 35mm F1.2 DG DN | Art

雨上がりの嵐山公園を散策。
修学旅行生とかツアー客とか少しずつ戻ってきたなあという印象。
(しかし修学旅行はともかく、大の大人が行列なしてぞろぞろと嵐山公園を歩いたところで一体何が面白いんだろう…)
京都市曰く「今後は観光公害を起こすほどの観光客を誘致しない。」だそうですが、さてさてどうなることか。
目先の金に目が眩んで過ちを繰り返すことだけは止めてもらいたいものです。


このところ葉っぱばかり撮っているような気がする。
新緑が美しすぎるので仕方ないのです。

Diary


SONY α7RIII / SIGMA 35mm F1.2 DG DN | Art

たまたま自転車で通りかかったので数年ぶりのぽん太。
相変わらず美味いのだった。


流石に手ブレが酷い。というか器を持った手がプルプル震える。

先月下期のヨドバシカメラ交換レンズ販売ランキングでニコンのZ 800mm F6.3が第1位とのこと。
これって恐ろしいことに金額ベースの話ではなく本数ベースのランキングらしいのですよ。凄いぞニコン。
しかし80万円の超望遠単焦点レンズなんていう超絶ニッチな製品が販売本数第1位って、一体どれだけレンズ売れてないんだよとも思うわけで。
写真界の未来は暗い。

Diary


SONY α7RIII / SIGMA 35mm F1.2 DG DN | Art

桜シーズン少し前に行って以来の伏見稲荷大社深夜徘徊。
深夜の山の空気の気持ちよさは異常だ。

まん延防止何とかが解除された今でも夜間の駐車場閉鎖は続いておりました。「コロナウイルス感染拡大防止のため深夜は駐車場を閉鎖」らしいけれど、深夜の駐車場を閉鎖することが一体どう感染拡大防止に繋がるのかが意味不明すぎる。本気で感染拡大防止したいなら日中の駐車場を閉鎖しろよ、と思わなくもない。まあそのおかげで過去類を見ないくらいに人の少ない稲荷山を散策できるわけで、私にとっては恩恵しかないのですが。


今晩も自分以外はイノシシだけだぜ、なんて思ってたら私以外にも若い女の子が一人だけいましてね。何となく気まずいのでじっくり写真撮影してるふりをして先行してもらうわけですが、彼女も写真でも撮っているのか撮影しながらのんびり歩いていても追いついてしまうのです。で、当然向こうも気まずいのでしょう。足音に気付くとペースダウンしてくれるので私が追い越すのですが、お互い撮影時?以外はほぼ同じペースで歩いているのか今度は私が追い越される→また追い越す→追い越される…というのを結局最後の最後、下山するまで繰り返してしまいました。

こんなことになるなら途中どこかで30分くらい休憩すればよかったなと。途中で分岐が何パターンかあるので毎回こっちにはいないor来ないだろうという方を選ぶのですが、それでも進むとやっぱりいるor来る、みたいな。お前は俺か。なんとなく気疲れしましたし、単独の女性ということで彼女は私以上に気疲れしたはず。申し訳ないことをしました。

Diary


SONY α7RIII / SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art

ようやく長かった連休も終わり、ほっと一息。
朝は仕事。昼食後の運動に近所を散歩して本日の予定終了。

しかしこのレンズ、分かっていたものの1,200gは重すぎる。
最近出たSAMYANGのAF 135mm F1.8(770g)にいつか買い替えたい…描写も評判いいし。
海外ではとっくに発売されているのに日本の輸入代理店ケンコー・トキナー動かざること山の如し。

Diary


SONY α7RIII / TAMRON 70-180mm F2.8 Di III VXD

恒例となった朝の散歩。老人のような毎日を過ごしている。
京都のソメイヨシノも満開を迎えた。
春の嵐が吹き荒れているのでピークも今日までか。


結局なんだかんだと今年も仕事をほっぽり出して桜を堪能してしまった。
まあ長かった冬を抜けて心の洗濯をするにはちょうどいい期間だったような気もする。
祇園客先が新店をオープンさせたので、そっち関係の各種案件をこなしつつ本日は午後もムスメを連れて桜を味わってくる予定。


LEICA M10 / LEICA APO-SUMMICRON-M 90mm F2 ASPH.

自転車で平野神社まで。桜シーズンにおける中望遠レンズの活躍ぶりがすごい。
平野神社も昨年に引き続きあの醜悪極まりない宴会が中止ということで実に心地よかった。
白梅町の18 ALTONでシュークリームを購入して帰路へ。

Home > タグ > SONY α7RIII

CATEGORIES

Return to page top