ホーム > タグ > SONY α7RIII

SONY α7RIII

京都府向日市 西向日五辻のクスノキ


SONY α7RIII / SONY FE 24mm F1.4 GM SEL24F14GM

毎朝恒例の朝練ポタリングで今朝は長岡京市まで足を伸ばしたわけですが、その帰り道たまたま見つけて足を止めてしまったクスノキ。人の営みにそのまま溶け込むような姿が目を引くではありませんか。近くに自転車を停めてじっくり眺めてみることにしました。 全文を読む

徳島県板野郡上板町 乳保神社のイチョウ

乳保神社のイチョウ
SONY α7RIII / SONY FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G

同じ町内にある「鳥屋の大クス」から僅か1kmほどでしょうか。徒歩でも充分回れてしまうくらいの距離です。ここ乳保神社に国指定天然記念物のイチョウの木が生えているというではありませんか。これはもうセットで訪問するしかないだろうと即座に向かいました。ああ、あれに違いない。徳島県平野部の他の巨樹と同じく遠目にも実によく目立つ。手前の児童公園に車を停め、いざ大イチョウへと向かいます。 全文を読む

Diary


SONY α7RIII / SONY FE 24mm F1.4 GM SEL24F14GM

ビールと粉モンの相性の良さは異常。

自転車


SONY α7RIII / SONY FE 24mm F1.4 GM SEL24F14GM

このエメラルドグリーンの自転車が気に入ったようで、他のも見てみたら?と提案しても聞く耳持たないのでこちらに決定。私の好みからするともっとシンプルで可愛らし過ぎないものの方が…なのですが。私の教育方針として、親が良いと思うモノよりも本人が良いと思うモノを極力優先して買ってあげたいというものがあります。我が子とはいえ所詮他人なので、感性を阻害するようなことはしたくないなあ、と。それがあまりにも場にそぐわない選択であればアレですが。

その昔写真仲間兼飲み仲間の某氏が言っていた「親の役目は子供が手の平から落っこちそうになったとき、ひょいっと手の平にもどしてやる、それだけでいいと思う。」という言葉を思い出す。そういう父親に、私もなりたい。

SONY FE 24mm F1.4 GM SEL24F14GMを購入


Panasonic LUMIX GX7 Mark3 / Panasonic LEICA DG SUMMILUX 1.7/15 ASPH.

購入。というより正しくは購入していたレンズが到着しました。
個人的な予想では7月上旬に届けば御の字だと思っていたのでちょっと拍子抜け。いえ、このままでは寂しさを紛らわすために購入したばかりの1.8/85の出番が…何とか使いますけれども。20万円近い高額(少なくとも私にとっては超高額)なレンズにもかかわらず飛ぶように売れているそうで、ショウソクスジによるとギョーカイでの評価も高く現時点での各種ランキングを総ナメにしているのだとか。まあ所詮使うのは他人ではなく自分なので他人が付けたランキングにはぶっちゃけ何の興味も無いんですけれども、実際店頭で触ってみると「やべえ、これ良いレンズだなあ…」というのは写りの良し悪しなんて全く分からない私にも伝わってくる出来の良さでございました。

軽い、軽いのに造りがしっかりしてる、操作感が小気味いい、何となく良い感じに写る。とまあレンズのイロハを知らない私にはそんなふわふわした感想しか出てこないわけですが、とにかく常用レンズはこれしかなかろう!という結論に達したのです。一昔前ならいざ知らず、最近は「世界で一番使われている写真機」であるスマホのレンズも24mm、28mmが標準ですからね。私はかねてより寄れる広角レンズこそ現代の標準レンズであると主張し続けております。(ついでに言うなら現代において寄れない広角レンズはクソレンズである、とも断言できます。私も持ってるゾナー 2.8/35 ZAとか。) 全文を読む

Home > タグ > SONY α7RIII

CATEGORIES

Return to page top