Home > FUJIFILM XF 18mm F2 R

FUJIFILM XF 18mm F2 R Archive

ポタリング 京都市左京区 貴船神社 本宮の桂


FUJIFILM X100F / Film Simulation Classic Chrome
FUJIFILM X-T20 / XF 18mm F2 R / Film Simulation Velvia / Grain Effect weak

仕事の前に運動を…ということで朝から貴船神社まで。
山の中は空気が違いますな。川沿いの日陰ということで冗談抜きにうちの近所より3〜5℃は気温が低いです。


ふらふら寄り道して写真を撮りながらで往復約36km。
うーん…仕事前の運動はやっぱり40kmまでだな。(先日の白山神社は山道ばかりの往復約80km。仕事する気も失せた。)


流石に平日の午前中だけあって閑散としています。
貴船神社ってあの神武天皇の母親が大阪湾から船で川を遡上してやって来ただのと由来が色々とアレな気が致しますが、そんなことが一切気にならないくらい立地に恵まれているため、非常に霊験あらたかで気持ちのピリッとする良い神社です。


とりあえず参拝を済ませます。
皆さん恐らく海外の方だと思われます(違ったらごめんなさい)が、きちんと二礼二拍手一礼で参拝されていて驚きました。日本人でも適当な人が多いのに。


ちなみに僕は今回無視してしまいましたが、貴船神社の正しい参拝の順序は本宮(一番手前)→奥宮(一番奥)→中宮(真ん中)です。この順序を守って初めて願いが成就すると言われています。


本宮の御神木、桂の木です。


奥にもっと大きな桂があるぞ!と記載がありますが、あまりにも長くなってしまうので記事を分けます。
(あれ?中宮はともかく奥宮に桂の巨樹なんてあった?見逃してたっぽい。)


どうせならもっと葉っぱが茂った季節に来るべきだった。


枝が竹ぼうきのようだ…
幹はまだまだ生気に溢れてますね。
この辺は土が豊かなのか無名の木々まで結構巨大なものが多いのです。
(昨年高さ日本一の認定を受けた三本杉もこの近くの山に生えています。)


桂にしては横幅がこじんまりとして見えますが、結構な樹高があります。
しつこいけど葉っぱが覆い茂った季節に来るともっと迫力があったんだろうな。
昔よく来たのにこの桂はスルーしてました。勿体ないなあ。目線が変わると世界が変わりますね…

貴船神社 本宮の桂
樹齢 推定約400年
樹高 約30m
幹周り 約4.6m

ポタリング 京都市右京区 白山神社のツクバネガシ


FUJIFILM X-Pro2 / XF 35mm F1.4 R / Film Simulation PROVIA / Grain Effect weak
FUJIFILM X-T20 / XF 18mm F2 R / Film Simulation PROVIA / Grain Effect weak

運動がてらチャリンコでどこかへ行こう。
ということで、昨年も訪れた京北町の白山神社を目指すことに。


別にまあ急勾配な坂道だとかそんなことはどうでもよろしい。
ただ恐怖の全面アイスバーンだけは勘弁していただきたかった…


あぁ、こいつが見えると疲れも吹っ飛ぶんだよなあ。
正直、周囲の杉が大きいので巨大さに興奮することは全く無いんだけど、このツクバネガシは何だか暖かいのです。


左中央の古墳みたいな丘のてっぺんに生えているのがツクバネガシ。
何だろう。集落をじっと見守るような、そんな暖かさを感じます。


裏側。二股に分かれている箇所から杉が育っています。
100年、200年後には杉に乗っ取られているのかもしれません。


右側の幹は既に空洞化しており、根元近くでへし折れてしまっています。
他所様のサイトを拝見すると樹高18m〜30mほどと様々な記載がありますが、京都府公式サイトの18mが一番近いのではないかと思います。


左側の幹は真上でなく丘の裏側に向かって伸びているので、高さ自体は大したことありません。
もしかすると右側の幹が健在だった頃は30m近い巨樹だったのかもしれませんね。


ここは集落の雰囲気含めて大好きなのです。
もう少し暖かくなったらここでゆっくり本でも読みたいなあ。
ただ次回からは車でいいや…帰りがしんどい。

京都の自然二百選 白山神社のツクバネガシ
樹齢 約360年
樹高 約18m
幹周り 約7.9m

Diary


FUJIFILM X-T20 / XF 18mm F2 R / Film Simulation Classic Chrome  / Grain Effect weak

指定を買った特急まで少し時間があったのでふらふらと。
ほろ酔い気分で歩いていると、カメラを片手に街を徘徊していた頃を思い出す。


 


 


 


 


僕の場合そもそも写真を始める前から仕事を抜け出しては路地をふらふら散歩するのが趣味のようなものだったので、知らない路地裏をあてもなく歩き回るのが理屈抜きに楽しくて仕方ないのですよ。絵心でもあればもしかすると絵画にでもはまっていたのかもしれませんが、幸か不幸か自分にはそのピースを埋めるのが写真だったようで。やっぱりカメラ片手の散歩は手ぶらでの散歩の何万倍も楽しいのです。しばらく歩いていると神経が研ぎ澄まされてハイになるあの感じ。街撮り写真自体には正直もう昔のようには関心が無いのだけど、それでもあの不思議な、素晴らしい感覚は脳に焼き付いていて、死ぬまで忘れることが出来ないのだろうな。と思う今日この頃。

Diary


FUJIFILM X-T20 / XF 18mm F2 R / Film Simulation ASTIA  / Grain Effect weak


FUJIFILM X100F / Film Simulation ASTIA  / Grain Effect weak

Diary


FUJIFILM X-T20 / XF 18mm F2 R / Film Simulation ASTIA  / Grain Effect weak

ホーム > FUJIFILM XF 18mm F2 R

Archives
  • 2019 (51)
  • 2018 (358)
  • 2017 (115)
  • 2016 (37)
  • 2015 (116)
  • 2014 (100)
  • 2013 (28)
  • 2012 (52)
  • 2011 (55)
CATEGORIES
tag cloud

Return to page top