ホーム > タグ > SONY α7III

SONY α7III

自粛要請


SONY α7III / TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD

んなこと言ってる暇があったら、さっさと飲食業界に助成金をばら撒いて強制的に店を閉めさせるべきだと思います。彼らも生活がかかってるんだからただ自粛しろと言われても社員の生活を考えたら自粛できませんよ。客側の立場からしても経営者が身内や知人だったらやっぱり経営を心配して店に足を運びたくなります。旅行業界だって早い段階でさっさと助成金を配ってツアー客のキャンセル費用に充てさせていたら、今こんな事態になってなかったのではないでしょうか。この状況下で海外旅行とか正気か?と思う反面、いざ自分が既に60万円支払い済みで今キャンセルしたら30万円しか戻りません、どうします?となったら強行したくなる気持ちも分からなくはないんですよね。あ、これ別に優先して飲食業界や旅行業界に携わる人を救えという話ではありませんよ?とにかくカネを注ぎ込んで感染の温床になっている空間を潰さないと意味無くない?という話です。

ご機嫌取りなのか何なのか全国民?子育て世代?に支援とか意味不明、ナンセンスの極みですよ。大体全国民に10万円だか20万円だか知りませんけど、そもそも財源は税金でしょう?まさに私も子育て世代ですがそんなお金もらったところで焼け石に水だし、我が子の世代から借金してまで生活を楽にしようなど言語道断です。なんというか何処其処でクラスターだ、お前らみんな家にいろ。誰それが亡くなったぞ、危ないから家にいろ。自らが何の責任も負わず、ただ危険をワーワー煽って閉じ込めるだけなら素人でも出来ますよ。国家が全国民を救うなんてのはどう考えても夢物語なわけで、本当に意味のあるお金の使い方は何なのか批判覚悟で迅速かつ真剣に考えていただきたいものです。

カメラバッグの話


SONY α7III / TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD

今メイン使いしているカメラバッグがこの軽登山用の「エンデュランス Ext(容量20リットル無いくらい?)」というリュック型と、街歩き用の「Incase アリ・マルコポロス(容量約8リットル)」というスリングバッグなのですが、軽登山的な巨樹探訪が増えてきたことによって不満が多くなってきました。

まあエンデュランス Extは元々小型ミラーレスを対象にしたコンパクトタイプなので、このバッグにフルサイズミラーレスor一眼レフにF2.8通しの巨大ズームレンズを装着したもの×2を収めようというのが無謀というものです。こちらエンデュランスの不満は以下のとおり。ちなみに街歩き用のIncaseには一切不満がありません。

あ、なんか長くなったので興味のない方はここで切ってください。
自分用のまとめです。ハイ。 全文を読む

また奈良へ


SONY α7III / TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD

先週以上に人がいません。黙示録的なくらいに。
何だか人類滅亡後の世界を歩き回っているような気分になってきます。 全文を読む

ネコパンチ


SONY α7III / TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD

某ブログを見るとあまりに楽しそうに超広角を使っているものですから、私まで超広角で遊びたくなってしまい猫ベンチへ。おらおら、超広角は寄って寄って寄りまくらないとな。なんてやってるとレンズに強烈な猫パンチをくらい早々に退却しました。ところで装着していたレンズプロテクターがハクバのXC-PRO EXTREME LENS GUARDという、まあそこまで高くもないごく普通のヤツなんですが、猫パンチをくらったところにガッツリと引っかき傷が入ってるように見えたんですよ。これは買い換えるしかないなと思いながらも一応クリーニングペーパーで拭ってみたところ、あら不思議。なんと針の先で突いた程度のコーティングが剥げただけで軽傷だったではありませんか。最近のコーティング技術って凄いですねえ。感動です。と、ちょっと感動したのでハクバさんの宣伝をしておきます 笑


動きモノは難しいですねえ。という以前の問題で、ろくにピントすら合ってない写真を量産してしまったという。今年は星空とか海とか。超広角を活かした風景撮影も楽しもう!というのが目標の一つになってます。というか2月後半は星空を撮りに行きたいと思ってたんですけど、ずっと天気悪いですよね。和歌山から帰ってきてから星空なんて見た記憶がない。そう考えたら雨なら雨で楽しめる巨樹って撮影対象としても本当に素晴らしいんだなあ。

敦賀へ


SONY α7III / SONY FE 24mm F1.4 GM SEL24F14GM

懲りずにまた行ってまいりました。
先週体調不良であまり街歩きできなかったのと、帰りに寄れなかった巨樹へのリベンジ。 全文を読む

Home > タグ > SONY α7III

CATEGORIES

Return to page top