ホーム > タグ > FUJIFILM X-Pro2

FUJIFILM X-Pro2

SIGMA fpでマウントアダプター遊び


FUJIFILM X-Pro2 / XF 23mm F1.4 R

SIGMA fpはオールドレンズの母艦に最適なのでは?と考える方も少なくないのではないでしょうか。例に漏れず私もそう思ったわけで、早速マウントアダプターを購入してみました。ライカLマウント(あ、L39ではありませんぞ、Lマウントアライアンスとかいうアレです。)に適合するアダプターは…とAmazonをチェックして「高っ!」と叫んでしまったのは私だけではないはず。無名のよく分からんやつでも4,000円から。いやいやいや、高すぎでしょ。で、我らがebayさんをチェックすると、ちゃんとあるではありませんか。アメリカのセラーで約1,500円。取り急ぎヤシコンとM42のレンズ用のものを購入して1週間程度で到着。肝心のモノですが充分よく出来ていました。マウント部もしっかり金属製だし、装着時の緩さや窮屈さもない。


早速ヤシコンのディスタゴン 2.8/28を着けて試し撮りしてみましたが問題無し。うん、シビアなピント合わせだってピント面を拡大して視認しながら撮影できるし、オールドレンズの母艦としては申し分ないんじゃないでしょうか。

惜しむらくはやはりマウントアダプターの厚みですね。とにかく邪魔くさい。「ポケッタブルフルサイズ」(どう考えてもポケットには入らないし「ポケッタブル(笑)」ですけど)を謳うSIGMA fpですから出来る限り力を抜いてコンパクトに持ち歩きたい…そう考えるのが自明の理。気合を入れて撮影するなら何もfpである必要がないんですよ。α7でもいいし一眼レフだって構わないわけで。写真ってそんな窮屈なものではないんだな、力を抜いて行きなさい…という考え方こそがfpのレーゾン・デートルだと思う私としては正直うーん、ちょっと違うなコレ、でございました。

というわけで一日で飽きて結局キットレンズの2.8/45に戻した次第。
まあたまに気分転換するにはいいかもしれませんね。

SIGMA fp ハンドグリップ HG-11を購入しました


FUJIFILM X-Pro2 / XF 23mm F1.4 R

結論から申し上げますが主に街で撮り歩く、いわゆるストリートスナップ的なスタイルでfpを使おうと思うならコレが無いと話になりません。液晶保護フィルムやその誰も見ちゃいない格好いいストラップを買う前にまずハンドグリップを買って下さい。それが昨日今日と二日間、素のfpでたっぷり撮り歩いた感想です。ワタクシ帰りに某家電量販店に駆け込んで即買いましたからね。

Diary


FUJIFILM X-Pro2 / XF 23mm F1.4 R / Film Simulation “ASTIA”

11/3 京北のおまつりへ


11/4 船岡山公園へ

DAHON HORIZE 2018のブレーキをDEOREに交換


FUJIFILM X-Pro2 / XF 35mm F1.4 R / Film Simulation “ASTIA”

ホライズ2018(非ディスクモデル)には元々出自の分からないノーブランド製Vブレーキが付いてまして、まあそれはそれで効きが悪いかと言えばそんなこともなかったので今まで使い続けてまいりました。が、ブレーキシューが擦り減ったことをきっかけに今回ディオーレに交換することに。ブレーキシューを交換してまで使い込むほど大層なブレーキでもないよな、と。まあディオーレなんて別に高価なものでも何でもありませんけれど、それでも操作感は雲泥…まで行くと言い過ぎか。鈍感な私にも使用感の違いが分かる程度には改善しました。もっと早く交換しておきべきだったな。

超広角


FUJIFILM X-Pro2 / XF 35mm F1.4 R / Film Simulation “PROVIA”

前々から巨樹撮影用にEマウントの超広角ズームレンズが欲しいと思ってたんですが、今月も楽天様がウン万円以上の大量のポイントを恵んで下さいまして。ただまあその殆どが来月末までの期間限定ポイントなので、早急に消化する必要があるわけです。そんなタイミングでタムロンさん、シグマさんがそこそこの金額(いや、to-fu的にはめちゃくちゃ高いですけど)で超広角ズームを発表してくれたので、どちらかを購入することにしました。

あ、そういえばフジの10-24mmを所有してるんです。軽いし良く写るし実に素晴らしいレンズ。でもX-Pro2は日常家族写真のメイン機なので、巨樹撮りの度に撮影データがゴチャゴチャになるのが非常に面倒臭くて。はい。

■ SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art

・実売約15万円。タムロンより随分高い。一応金額は許容範囲。
・重い。795gって…
・写りはきっとタムロンより良いのではないかと。だって高いし重いし。
・画角が微妙。パースが付きすぎるワイド側は使わないので実質20-24mmくらいの印象。先日買った1.4/24との差別化を考えるともう少し望遠側が欲しい。
・デザインはタムロンより好み。あっちは根本の銀リングが蛇足。

総評としては「高くてクソ重いけど写りは文句無し」的な?どちらも触ったことすらないので情報源は胡散臭い提灯記事のみですけど。今の巨樹撮影メインレンズが663gなので重さはそこまで気になりませんが、画角の微妙さだけがネック。だって自分の用途を考えるとこれ、クソ重い20mm単焦点を15万円で買うようなものなんですよね。

■ TAMRON 17-28mm F2.8 DiIII RXD

・実売10.5万円。今回長く使うつもりなので金額はあまり気にしていないとはいえ、4.5万円浮くとそりゃあ嬉しいですよ。
・軽い。420gってどうなってんの?
・写りは当然シグマさんに劣るんじゃないですかね。
・画角は問題なし。28mmまで使えると表現の幅が全然違う。欲を言えば一眼レフ時代の超広角みたいに35mmまで使えたらベストでした。
・デザインはまあ普通ですよね。シグマの高級路線を上手くパクってるなあという感じ。垢抜けないTAMRONロゴが良い。

最近非常に評判の良いタムロンレンズ。去年出たF2.8/28-75mmも飛ぶように売れていた印象です。(28-75でなく24-70mmだったら、私も確実にソニー純正でなくこちらを買ってました。)こうして箇条書きにしてみると欠点がありませんね。逆に面白みもないかもしれませんが。

結論を言うとタムロンをポチりました。よりワイド側を重視したシグマは巨樹撮り用途にはあまり向かないかな…と。とにかく全景入れたら良いってものでもありませんしねえ。オーダーが初回入荷分に間に合うか分かりませんが、まあ気長に待ちます。レンズ交換が面倒臭い人なので、次は予備ボディ(α7IIIが最有力)を購入するために仕事を頑張ろうと思います。

Home > タグ > FUJIFILM X-Pro2

CATEGORIES

Return to page top