Home > Canon PowerShot G1X Mark III | Life Log > 巨樹めぐり一人旅 2019 2日目

巨樹めぐり一人旅 2019 2日目


Canon PowerShot G1X Mark III

4:50起床。張り切って目覚ましをかけたわけじゃありませんよ?ええ。寒いんです。すごく。地獄の窯の底のような盆地に住むto-fuさんとしては、いくら涼しいとはいっても真夏の最低気温が17℃になるだなんて想像すら出来ないわけです。目が覚めてしまったものは仕方ないのでゆっくりと身支度して寝起きのコーヒーを。大量のツバメが空を飛び交っていました。そういえば昨日の夜中、道の駅の物販用テントから脱出できずに弱ってしまったツバメを保護して逃がしてやったんですが、奴も無事帰宅できたのでしょうか。帰れてるといいなあ。アルコールチェッカーが反応しないことを確認し、さあ今日も出発だ。


エアコン不要、窓全開にして突っ走ります。(旅先で捕まるとか勘弁なのでウルトラ安全運転ですけど…)
目の前には雲海が。しかしこの辺にお住いの方は寝苦しい夜なんてきっと味わったことないんでしょうねえ。真夏の京都に招待してあげたい。


本日最初にして最大の目的地「小黒川のミズナラ」。
まだ記事にしていませんが兵庫県で見て以来ミズナラにはまってるんですよ。今日はルート上の巨樹を一応10本程度リストアップしてきたものの、ここを時間無制限で見てあとは適当に…くらいにしか考えてませんでした。(結局今日は6本訪問。)実際素晴らしい巨樹でしたね。間違いなく本日のナンバーワン巨樹。


とにかく空の鮮やかさと雲の立体感が尋常じゃない。何で京都とここまで違うんだ?同じ日本だろ?
何度も車を停めては夢中で景色を撮影してしまいました。


やはり休憩はビン牛乳。自宅用日本酒やお土産各種、あとは道の駅スタンプブック中部版を購入。
近畿版はモノクロ印刷なのに中部版はフルカラーだ!!(しかも中部の方がちょっと安い…)


昼食。本当はもう少し先に進んでから食べる予定だったんですが、某巨樹を管理する地主さんに挨拶したらネバーエンディングストーリーが始まってしまいまして…30分過ぎたあたりで流石にこれはやべえぞとこちらから切り上げたんですけれども、そのまま撮影に入ったらまたトークが再開して結局1時間近くお話を拝聴することになりました 笑 昼食はもうどこでもいいや、ということでGoogleMapさんに「蕎麦屋」と聞いてみたらここが近いぜ!と教えてもらったところです。


駒ヶ根ソースカツ丼というのも名物らしいので、信州そばとソースカツ丼のセットを。
蕎麦はたぶん二八ですね。美味しいけど、正直京都にももっと美味い蕎麦屋はあるな…と。ソースカツ丼は、うーん…やっぱり福井のヨーロッパ軒が一番好きです。店内やたらと賑わっていて食後に蕎麦湯なんて頼めるような雰囲気ではなかったため、手元の蕎麦茶で割ってゴクゴク飲んでごちそうさま 笑


景色すげえ!空すげえ!と事あるごとに車を停めて写真を撮ってきましたが、どんな絶景も流石に飽きますね 笑 これが最後の一枚になりました。
クルマにもバイクにも足としての機能以上のことに全く興味が無いワタクシですが、こんなところで生まれ育ったならクルマが好きになっていたのかもしれないな…としみじみ思いました。馬鹿みたいに高いクルマを買って喜んでる人って私からすると怪しいツボを買って愛でてる人と何ら変わりがなく見えるんですけど、こんなところを毎日走れるなら財産の何割かを車に費やしたとしても後悔しないような気がします。


今夜は旅館に宿泊。早朝から巨樹巡りすると飲み屋に行く気力も無くなりますな…
臭そうな使用済み衣類を洗濯して日本酒タイム。こうして室内でだらだらしていると、ああ、やっぱり車中泊ってクソだわ…なんて思えてくるから悲しい。
さて、撮影データをPCに移して明日の旅路に備えよう。

コメント:2

19-08-08 (Thu) 10:15

17度って……逃げ場がない焦熱地獄だと思っていた日本に、こんな土地があるのか! って感じですね。
これだったら車中泊いける……嫌だけどいける……。
確かに、秋に行ったときは時刻によって気温が一桁になったこともあって、これはこれで極端な地だなと感じました。
四国、北海道、そしてこういう山奥の地に自分の脚で行けたという充足感は、それ自体、なかなかなものがあると僕も思います。
SUVを買って一回もどろんこにしない連中はすっげえ軽蔑してるんですけどね。笑

小黒川のミズナラが今も立っているということがうれしい。
夏の姿を見ることができるのもすごく楽しみです。

to-fu 19-08-08 (Thu) 18:36

> 狛さん
いやホント、同じ日本の気温だとは思えません…
まさかこの時期の車中泊で寒さに凍えることになるとは考えもしませんでした。
我々のような乗り方をしていると、こいつダカール・ラリーにでも行ってきたのかと思われるくらいに毎度車が汚れますよね。
(旅の途中の今、まさに南米や中東から盗んできた車か?というくらいの虫汁と砂ぼこりにまみれています。)
毎回洗車しないと性能が低下する自転車と違って、汚れを放置しても支障なく走ってくれる自動車は素晴らしい道具です 笑

小黒川のミズナラは何だろう…あの魅力を言葉にするのは難しいですね。
月瀬の大杉といい感性の衰えたはずのおっさんが年甲斐もなく感動しちゃいましたよ。
まったく、どうしてくれるんですか!

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://withphotograph.com/wp-trackback.php?p=10396
Listed below are links to weblogs that reference
巨樹めぐり一人旅 2019 2日目 from with photograph

Home > Canon PowerShot G1X Mark III | Life Log > 巨樹めぐり一人旅 2019 2日目

CATEGORIES

Return to page top