Home > Carl Zeiss Planar 1.4/50 | Life Log | カメラの話 > Planar 1.4/50 T*

Planar 1.4/50 T*


SIGMA fp / Carl Zeiss Planar 1.4/50 (C/Y)

このレンズを持ち出す度に今は亡き親友を思い出すのです。彼の愛用レンズ、京セラCONTAX製のCarl Zeiss Planar 50mm F1.4 T*。彼が亡くなってから自分も同じものを使ってみたくなり、CONTAX AriaとPlanar 1.4/50を購入したのでした。彼が使っていたカメラはご遺族の方が使っていらっしゃるはず。やい見てるか?なんだかんだあったけど結局今でも写真を続けてるぞと、そんなことを思いながらシャッターを切るわけです。

当時私は25歳かそこそこ。彼は36歳でしたっけ。ワタクシ、とうとう彼の歳を超えてしまいました。本当に何度も何度もカメラ片手に、一緒に東京の街を歩き回って写真を撮ってきました。すごい写真を撮ってやろう、とか思ってましたね。でも彼が亡くなった後、彼が遺したネガを見て衝撃を受けたんです。体力が衰えて街に出ることも出来なくなり、それでも彼が撮り続けた写真。自宅の庭とか、ベランダから眺めた空とか。めちゃくちゃ良い写真なんですよ。もう今まで自分が撮ってきた写真は何だったんだろうと。ガツーンと殴られたような感じです。そんなことがあって、街を歩き回ってカッコイイ写真を求めるのはもう終わりにしよう、と思いました。「写真はチキンレースではない。」ほとんど動けなくなった彼がぽろっと漏らした言葉。私もそう思います。他人が撮れない写真を撮ることが凄いのか?他人より一歩踏み込んだ写真を撮ることが凄いのか?他人が凄いと言ってくれたらそれは凄い写真なのか?そんな簡単なものでは無いと思うんですね。そんなのはきっと物事の表層をなぞっているだけ、です。

そもそも写真って何なんでしょうね。良い写真って何だろう。やっぱり今でもよく分かりません。が、写真は好きです。昔以上に。今は過去最高に楽しいかもしれない。自分もいつか体力が衰えて外に出ることすら叶わなくなって、そんなときでも写真を続けていられたらいいなと、それだけを願う今日この頃です。

コメント:8

ふみ 20-02-10 (Mon) 23:20

もうあれからそんなに月日が経つんですね。
厚切りローストビーフ、またみんなで食べたいなあ。

to-fu 20-02-11 (Tue) 9:46

> ふみさん
おおお、ご無沙汰しております。ふみ君…いえ、もうふみさんと呼ぶべきですね。
時間の流れの早さを痛感します。いつまで健康でいられるんだろう。そんな不安が否応なしに付き纏う歳になってしまいました。
ふみさんの家にお邪魔して近くをふらふら歩いたことなんか、今でも思い出すことがありますよ。楽しかったなあ。

今は関東、それともご実家の方にお住まいなんでしょうか。
もしご実家の方にお住まいならそう遠くありませんので、ぜひ一緒にローストビーフでも食べたいものです。

yuriy 20-02-11 (Tue) 13:35

自分にとって写真とは何か、
そういえば考えたこともなかったです。

副業で絵・デザインをやってるんですが、仕事で描く絵、好きで描く絵、人のために描く絵の三種類あります。
上手な絵を描ける人は幾らでもいるけれど、いい絵を描ける人は少ない。
いい絵が何なのかというと難しいのですが、
それは技術でも構図でもテーマの素晴らしさでもなくて、
たとえ万人がいいと思わなくても、たった一人の心に響けば、
それがいい絵なのだと思っています。
その一人は、他人かも身内かも、自分かもしれない。
だから描きたいものを描く、残したいものを残す。
結局は自己満足かも(笑)。

描写対象を絵にした瞬間に、それは物理的に消えない限り当時の姿のままずっと残る。
記憶はいつか薄くなって、モノは変化し劣化するけど、
絵に残すことで永遠に姿が残り、
描き手である当時の自分も、その時の思いなんかも、一緒にそこに残る。
瞬間を切り取って残すことで自分さえも永遠に残る気がするのは、
もしかしたら写真にも言えることなのかなと、思ったりしました。

写真に関しては、
境内や社殿の姿を遺したい、いろんな人に知ってもらいたいってだけの理由で撮っているので、
上記には当てはまりませんが。。。(^_^;

to-fu 20-02-11 (Tue) 17:16

> yuriyさん
何点かイラストもアップされてますよね。
ほうほう、イラストも描かれているのか…と見に行って、「!!!!!」と驚かされました。凄いです。
私はもう絵心に関してはテレビのバラエティ番組でネタにされそうなくらい駄目駄目なので羨ましい限りです。
写真は機材がないとどうにもなりませんが、紙とペンさえあればどうにかなってしまう絵には昔から憧れがありますよ。
小さなスケッチブック片手に電車に乗り、車窓から流れる景色をさらさらスケッチしながらの旅とか本当に憧れるんですけどねえ。

いい絵、いい写真、そしていい文章。定義することは恐らく不可能ですが、結局は自己満足というのは私も同感です。
誰のためにやっているのか?と突き詰めていくと最後に残るのは必ず自分なんですよね。そうでないと続かないと思いますし。
以前写真仲間とお酒を飲みながら「いい写真って何だろう?」という話をしたんですが、その方が言っていたのは
「部屋に飾ってる写真はあるか?あるならそれが君にとって一番いい写真なんじゃない?」ということでした。
なるほど。そうかもしれません。私も長いこと写真をやっていますが、結局飾っているのは家族を撮った何気ない
スナップ写真だけなんですよね。確かに私は家族写真以外の全てを写真もフィルムもデータも全て消失したとして、
とても残念ではあるけれど、それでも悔いは残らないかもしれません。また撮ればいいや、と諦められます。

何にしても真剣に楽しめる趣味があるというのは素晴らしいことですよね。
これらが無かったら人生どうなっていたか。考えるだけでゾッとします。
いつどうなってしまうか分からないのが人生ですから、仕事も遊びも悔いの無いよう充実させながら生きていたいものです。

yuriy 20-02-12 (Wed) 16:49

ありががとうございます。(^_^; 
ブログに置いてあるのは完全に趣味絵なのでお恥ずかしい・・
一番好きなのは風景や建築物の描写なので、
そういえば昔はよく水彩のスケッチ旅行なんてやってました(笑)。

確かにそうですね。
好きなもの描いて、好きなもの撮って、
どうせ人生いつ終わるか分かんないんだから、
やりたい事いっぱいやっときましょう!!(・∀・)
最期の時に、あーもう十分。生き切ったわーって思えたら、いいですね。

好きなものを追って愉しんでる人を見ると、
自分も楽しくなります。
なので、ちょっとずつログ追って拝見していますが、
to-fuさんのブログを見るのはとても楽しいです(*゚▽゚)

to-fu 20-02-13 (Thu) 10:20

> yuriyさん
風景を描いたもの…機会があればぜひ拝見したいですね。
無心で(いえ、私の想像ですが)キャンバスと向き合うスケッチはどこか写経や禅の精神とも似ているような気がして、
私の近所でもひたすら夢中で絵を描いている方を見かける度に羨ましい気持ちになります。絵が描けたら楽しいだろうなあ。

好きなことを見つけることができた人生は、それだけで本当に幸せですね。
仕事なんて本当に面倒くさいことばかりですけど、来週は○○に行くぞ!なんて考えるだけで乗り切れますから。
縁起でもありませんが、お互い笑いながら最期を迎えたいものですね。ああ、もうええわ。十分生きた。もう休ませてくれ!って 笑

zen 20-02-13 (Thu) 16:30

私にも写真の良し悪しは分からないですが、
好きかそうでないかを言うことはできて、
to-fuさんが撮る写真は
わざとらしい感じが全く感じられないところが好きです。

to-fu 20-02-13 (Thu) 22:17

> zenさん
ありがとうございます。素直に嬉しいです。
子供と遊んでいるときに写真を撮らせて下さいと頼まれたことがありまして、いいですよと了承したらあそこに立ってくれ、
そっちを向いてくれと色々指示されてこれは不快だなと感じた経験があり、それ以来写真は極力さり気なく撮れたらいいなと思っています。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://withphotograph.com/wp-trackback.php?p=12706
Listed below are links to weblogs that reference
Planar 1.4/50 T* from with photograph

Home > Carl Zeiss Planar 1.4/50 | Life Log | カメラの話 > Planar 1.4/50 T*

CATEGORIES

Return to page top