Home > HAMILTON カーキフィールド クォーツ | 腕時計 > HAMILTON カーキフィールド クォーツ H68201163 を購入

HAMILTON カーキフィールド クォーツ H68201163 を購入


GSやNEZUMI Studiosを購入してからクォーツ時計にハマりつつある中で今度は初ハミルトン。先日海外のセールを見ていて衝動買いしてしまいました。25,000円は安いんじゃないの?と購入したもののDHL様から税金(消費税)を2,000円徴収されたので計27,000円。国内Amazonの並行品が35,800円なので、この価格差なら無理に海外で買わなくても良かったかもね…なんて思ったり思わなかったり。


ケースもブレスもサンドブラスト加工されたステンレス、文字盤はオリーブグリーンです。サンドブラスト加工ってチープに見えるしエッジが立たないしで好きではないんですが、この時計の場合はむしろチープに見せてナンボみたいなところがあるのでこれでOKでしょう。無骨で安っぽくて良いと思います。どう見てもレザーベルトやNATOベルトの方が似合いそうな面構えですが、そこはアレですね。貧乏性なのでブレス仕様を選んでしまう。


風防はドーム形状のサファイアガラス。水平近くから見ても歪まないので内面も凸型になった、所謂「ダブルドームサファイアガラス」という奴のようです。無反射コーティングは無しですが文字盤の色とシルバーカラーの針、そしてホワイトインデックスのコントラストが高いので視認性は良好です。豪快に光にかざしてみましたが時刻が視認できないということはほぼありませんでした。


一見チープなブレスですが結構凝ってました。無垢の4連です。この中駒は絶対連結された「なんちゃって」だと思っていたので驚きました。


クラスプも悪くありません。先日買ったNETHUNSの純正ブレスを嘲笑うかのようなまともなクラスプです。ハミルトンの時計を買うのは初めてですが、流石上位にブレゲやブランパン、そして中位のオメガ、ロンジン等を擁するコングロマリット、スウォッチグループ傘下のブランドですね。低価格ラインのハミルトンは相当な恩恵を受けている印象です。ぶっちゃけこの価格帯の舶来ブランドでダブルドームサファイア風防、無垢ブレス、まともなクラスプ、そしてまともなデザインとここまで揃っているところは他に思い浮かびません。これで3万円っすよ。そりゃあ売れるわハミルトン。


何の変哲もないミリタリーウォッチ。しかしそれが良いんだ。38mmというサイズも適切だし、何よりクォーツなのでケースが薄い。シャツの袖口を痛める心配もありません。長針はしっかりインデックスまで届いているし、何というかカーキのデザインはもう完成してますよね。今更僕が語ることなんて何もありません。


これだけ大きいクラスプなのに微調整穴が2つしかない(1箇所だけずらせる)のがデザイナーを呼びつけたくなるポイントではありますが、数万円台の腕時計としては最早完成の域にあると思います。有名な時計なので、ホント今更僕が語るようなことでもないんですが。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://withphotograph.com/wp-trackback.php?p=7525
Listed below are links to weblogs that reference
HAMILTON カーキフィールド クォーツ H68201163 を購入 from with photograph

Home > HAMILTON カーキフィールド クォーツ | 腕時計 > HAMILTON カーキフィールド クォーツ H68201163 を購入

Archives
  • 2018 (340)
  • 2017 (115)
  • 2016 (37)
  • 2015 (116)
  • 2014 (100)
  • 2013 (28)
  • 2012 (52)
  • 2011 (55)
CATEGORIES
tag cloud

Return to page top