Home > FUJIFILM XF 23mm F1.4 R | Life Log > 花脊 2

花脊 2


FUJIFILM X-Pro2 / XF 23mm F1.4 R / Film Simulation “PROVIA”

大悲山の三本杉へ。
まあ雪が積もってるにしても10cm前後だろう、と。考えが甘かった。
入口の時点でこれは無謀だと理解しましたが、冷たい空気がとにかく心地良いので大悲山国有林の林道を少しだけ散歩することにしました。


まさかスニーカーで来やしませんが、こんな軟派なスノーブーツじゃなくてもっとヘビーデューティなSORELのブーツで来るべきだった。重いんだよな、あれ。


冬季閉鎖中の大悲山 峰定寺。門前に見えるのはコウヤマキの巨樹。
そういえばこの巨樹もまだ記事にしてないな。


 


 


美しい。夢中になってシャッターを押していました。
大量の新雪が風に舞い、衣類やカメラを濡らします。ここは防塵防滴レンズの23mm F2で来るべきだったなと少し後悔。こういう事があるから手放すわけにもいかないので困る。


一歩歩くごとにズボズボと30cmくらい雪を踏み抜くことに。三本杉まで行けなくもないけど、このペースだと2時間はかかりそう。スノーシューを買ってもう一度来てみようと思います。きっと三本杉の辺りは30cmどころの積雪ではないだろうし、時間が経つほど更に降り積もるはず。再訪するなら来週中が限界か。


帰路へ。


コマツのショベルカーまで神々しい。


きくち亭でからあげ定食。


ごく控えめに言って冬の花脊は最高でした。冬の間通い詰めて1冊のフォトファイル(A4を40枚)にまとめてみることにしよう。決定。目的ができると毎日がまた少し楽しくなる。

コメント:4

RYO-JI 19-01-11 (Fri) 21:39

おおー、年始から攻めまくってますねぇ。
雪に抵抗がある軟弱系の自分は近付くことすらできません(汗)。
冬の間は、大阪や和歌山など雪と無縁のエリアで楽しみます(笑)。

19-01-12 (Sat) 8:34

素晴らしいですね。
冷えて透き通った空気を感じ、今自分が吐く息も白くなるんじゃないかと思いました。
この間の会津でもそうでしたが、降ったら降った、晴れたら晴れたでけっこう濡れるんですよね。
ああ、僕も長靴買ってまた会津でも行ってみようか……。

レンズも! 思い立ったら吉日ですね!笑
触発されます。買えないけど。。

to-fu 19-01-13 (Sun) 21:03

> RYO-JIさん
ログを拝読する限り、寒いのが苦手なのは伝わってきますよ 笑
僕は逆に冬の寒さは大して気になりませんけど夏場は極端に行動力が落ちます。
汗で服が汚れるとか蚊が多いとか、何だかネガティブなイメージばかりなんですよね。

to-fu 19-01-13 (Sun) 21:06

> 狛さん
寒さもここまで突き抜けてくれるとむしろ清々しくていいですね。
そう、でも本当に濡れるんです。カメラもレンズもびしょ濡れになりました。
レンズは思い切って買っちゃいました。自分の性格上どうせいつかは買うだろうし、
だったらいつ買うの?今でしょ!(古い)と林センセも仰ってましたので。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://withphotograph.com/wp-trackback.php?p=7900
Listed below are links to weblogs that reference
花脊 2 from with photograph

Home > FUJIFILM XF 23mm F1.4 R | Life Log > 花脊 2

Archives
  • 2019 (18)
  • 2018 (358)
  • 2017 (115)
  • 2016 (37)
  • 2015 (116)
  • 2014 (100)
  • 2013 (28)
  • 2012 (52)
  • 2011 (55)
CATEGORIES
tag cloud

Return to page top