Home > SONY FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G | アコウ | 和歌山県 | 巨木たち(地域別) | 巨木たち(樹種別) > 和歌山県日高郡美浜町 龍王神社のアコウ

和歌山県日高郡美浜町 龍王神社のアコウ


SONY α7RIII / SONY FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G

昨年訪問した巨樹の中でも特に印象に残っているこの「龍王神社のアコウ」。だってアコウなんて京都を拠点に生きていて、日常生活で見かけることはまずありませんから。アコウ?美味しいっすよね。とまあアコウ違い、割烹でアコウ(キジハタ)の煮付けを食べるのが関の山。くらいに縁がありません。龍王神社に到達するのが結構大変だったこともあって、この薄暗い通路の先に待つ異形の物体…近付くほどに少しずつその全貌が明らかに、というシチュエーションだけでもなかなかにカタルシスがあります。出現シーンは間違いなく5つ星でしょう。


さて龍王神社。この巨樹自体がそれなりに有名だということもあって当然マップにもしっかり登録されています。到達するのが大変ってどういうことだ?と思われるかもしれませんが、神社への道のりを進むごとに道が細くなり、最後には軽自動車どころかどう頑張っても原付しか通行できないような極細道路になってしまったのです。集落の中まで車で突入したものの、人様の敷地でも借りない限りUターンすら出来ないような状況に陥ったので、仕方なくバックで退散したのでした。結局近くに駐車スペースが見当たらなかったため、1km以上離れたスペースに駐車して徒歩で向かいました。和歌山あるあるですね。(もしかすると別のルートがあったのかもしれませんが、不慣れな細い路地を車でうろうろするのは迷惑すぎるので諦めました。)


先程の通路を抜けると眼前に飛び込んでくるのがこのアコウの巨樹。うわ、何だこれ。巨樹というよりこれはもうモンスターだよ。バケモノだ。アコウは別名”締め殺しの木”なんて言われていますが、まさにウネウネと枝を伸ばしてきて木に取り込まれてしまうんじゃないかという緊迫感があります。根本で二股に別れていますが片側がウバメガシ、もう片方はビャクシンの木を苗床に、それこそ彼らを絞め殺して生長したものがこのアコウなのだということです。


アコウはアジア東部の亜熱帯植物。そりゃあ縁がないわけですわ。
県下最大のアコウということですが、数値を無視した見た目のインパクトでは産湯集落のアコウ(天然記念物無指定の方)に圧倒的な分があると思います。逆にサイズ以外の面ではこちらのアコウの方がずっと見応えがありますが。参道の入口、鳥居をくぐってすぐのところに生えているアコウも実は町指定天然記念物です。


幹から大きく垂れ下がった…これは何と呼ぶべきなんだろう。コブ?


どのような目的でこのような形になったのか定かではありませんが、何やら芸術的な趣すらあります。繭のような、スズメバチの巣のような。そもそもこれは幹なのか枝なのか。フジなんかも強靭な力で他の樹木を絞め殺しますが、ここまでえげつない締め方をしているのは見たことがありません。


枝の1本1本がしなやかな筋肉のようです。これに囚われたら逃げようが無いよなあ。こちら側は元々カシだったものでしょうか。最早原型をとどめていません。(微妙に元々の樹皮が見える箇所もあるのですが、現地で見る限りだとタブか何かだと思っていました。)


ほら、元々の幹が…見えませんよね。根本まで完全に制圧されています。なんと容赦ない。じっくり見つめていると背筋が寒くなるくらいですよ、これは。そして根本に生える植物の鮮やかな緑っぷりに、ここはもう温帯じゃなくて亜熱帯だよな、なんて思う。家の造りや庭木まで京都とは全く違っていて、自分は異世界にでも来てしまったのかと錯覚します。


もう圧倒されますよね…規格外の大きさに圧倒される、悠久の時を生きるその存在感に圧倒される。巨樹の迫力にも色々ありますが、ここまで暴力的なまでの生命感を放つ樹種は、アコウの他に有り得ないように思います。イチョウやカツラの生命力も大したものですが、この弱者を食い散らかして生きるバイオレンスな様相はそれらと完全に異なるものでした。


こちらは恐らく元ビャクシン側。
生命はとうに燃え尽き、今ではその残骸すら確認することが出来ません。


アコウの幹?枝?(本当によく分からない。ツルとも言える。)からところどころ垂れ下がるヒゲのようなもの。これが地面に達すると根になるのでしょうか。少し引っ張ってみましたがプツプツ切れるような感じでもなく、それなりに強度もあるようです。もしかしてこれが枝になるのか?


アコウというとやはり大きさだの樹齢だのは置いといて、その”絞め殺し”感を味わいたいもの。ここ「龍王神社のアコウ」はその絞め殺し感を惜しげなく見せてくれるサービス精神旺盛なアコウでした。この近くには天然記念物指定された「産湯のアコウ」など数本のアコウの巨樹が存在するのですが、それらはちょっと個性に欠けるところがあったため、個人的にはこちらのアコウが一番のオススメです。来たぞ…来たぞ…と徐々にテンションを上げてくれる入口の通路も良い感じです。


境内から塀の上を覗くとそこは断崖絶壁、太平洋。もうロケーションが卑怯ですよね。神社までのアクセスにやや難がありますが、アコウが本領を発揮する夏場にでもまた再訪したいと思っております。素晴らしい巨樹でした。

2018/12/18訪問
「龍王神社のアコウ」
和歌山県指定天然記念物
樹齢 300~350年
樹高 9m
幹周り 8.8m

コメント:4

RYO-JI 19-03-13 (Wed) 22:02

事前に他の人の写真で知っていたイメージと違って驚いています。
これは同じアコウといえど、産湯のアコウとは全然違うタイプですね!
締め殺しの樹の本領発揮という感じで、怖いほどの怨念すら感じてしまいます。
しかも二本の樹を締め殺しているですと・・・。
いや、ほんと凄まじい。
これを実際に目にするとどんな気持ちになるのか?試したくてウズウズします。

アクセスの大変さもよくわかりました。
それでもこのシチュエーションと出現シーンは格別ですね!

to-fu 19-03-14 (Thu) 13:57

> RYO-JIさん
RYO-JIさんのトランペットの木を拝見してこの巨樹の記事をまとめたくなりました。
産湯のアコウ(市天)はこの巨樹の後に訪問したので、ちょっと拍子抜けでしたね。意外と普通だなあと。
巨樹の個性としての見応えはこちらがずっと上だと思います。
無指定の産湯アコウもあの立地でさえなければいい勝負ができると思うのですが…あれは残念ですよね。

たぶん他のルートがあると思うんですけど、集落内のバック地獄で一気に萎えました 笑
海沿いの集落は地元の爺さんが軽トラをぶん回すことしか考えずに道を作ってるのでこの手のトラブルが尽きませんね。

19-03-15 (Fri) 16:18

この1枚目の陰翳と異形の構図、きまってますね〜。
日本が縦に長い、しかも馬鹿にならないくらい差が大きいということを思い知らされます。
この感じは日本でしか撮れないんじゃないかな、とも。
そんなこと言うと、大抵の日本の巨樹はそうなんだろうなとも思いますね。

もともとの樹があって、その形を喰って成り代わってる、いわゆるスナッチャーという感じ。
このあいだの宿り木、あの京都の台杉の時にもそう思いましたが、こういう生態を見せつけられると、一気に植物という連中がおっかなくなりますね。
こんな造形、もはや人間の想像力を超越している……なんだこのコブみたいなやばい物体は。何を企んでる?
もちろん温暖多雨な気候がなければできない芸当なのでしょうけど、アコウという樹種のエイリアン的な成長力を存分に見せつけてくれる巨樹ですね。
目の前に立てば、なんだかこう、鳥肌が立つような圧倒感がありそうです。
この勢いがあれば大繁茂してもおかしくはなさそうなのに、そうなっていず、北ではもっと奥ゆかしくて渋い巨樹が深く息づいているところ、多様性っていいなあと思います。笑

to-fu 19-03-15 (Fri) 20:54

> 狛さん
せまい日本 そんなに急いで どこへ行く、なんて言いますが日本って広いですよね。
巨樹巡りで車を乗り回していると本当に痛感します。しんどい!と 笑

植物もやはり生き物であるからして、物静かなインテリ系からこのアコウみたいにサイコな香りがする奴まで色々いますよね。
このアコウさんなんてもし人間だったなら絶対友達になれないタイプだろうな、という気がします。
亜熱帯の植物って気候が比較的安定しているこちらの植物と比べると随分ファンキーな感じがしますね。
逆に北の植物は実直でカタブツそうな印象があります。うーん、そう考えると結構人間とも近いんだろうか。
和歌山や鹿児島あたりではもっと栄華を誇っても良さそうに思えますが、アコウはあまり繁殖力が強くないんでしょうかね。こいつらがそこら中でグエーッと絞め殺してる光景を想像するとあまり穏やかなものではなさそうなので、繁殖力が強くなくて良かった良かったと安心します。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://withphotograph.com/wp-trackback.php?p=8581
Listed below are links to weblogs that reference
和歌山県日高郡美浜町 龍王神社のアコウ from with photograph

Home > SONY FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G | アコウ | 和歌山県 | 巨木たち(地域別) | 巨木たち(樹種別) > 和歌山県日高郡美浜町 龍王神社のアコウ

Archives
  • 2019 (118)
  • 2018 (358)
  • 2017 (115)
  • 2016 (37)
  • 2015 (116)
  • 2014 (100)
  • 2013 (28)
  • 2012 (52)
  • 2011 (55)
CATEGORIES

Return to page top