Home > FUJIFILM XF 23mm F1.4 R | Life Log | カメラの話 > ヨドバシで色々触ってきた

ヨドバシで色々触ってきた


FUJIFILM X-Pro2 / XF 23mm F1.4 R / Film Simulation “PROVIA”

朝の散歩がてら梅小路公園までだらだらポタリング。
色々と気になっている機材を触るため、ヨドバシカメラに寄ってきました。


・OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII

本日の大本命。
旅行&日常スナップ用のカメラに塵だの雨だのを気にするのが馬鹿らしく思えてきたので、防塵防滴のコンデジを探しておりました。が、ほとんど選択肢が無いんです。それなら小型ミラーレスのμ4/3があるじゃないか!と。結論から言うとボディは文句無しなんですがレンズがまるで駄目ですね。防塵防滴対応のレンズが総じて日常用途にはデカすぎ、重すぎ。ナントカPROみたいな高画質ライン(デカい・重い)しか無いわけです。これはロンのガイです。勢いでボディをポチらなくて良かった。フジみたいに防塵防滴・小型軽量路線のレンズが揃ってきたら最善の選択肢になりそうです。(フジは逆に防塵防滴小型ボディが皆無なので却下。)


・SONY α7SII

巨樹撮影をしているとどうしても高感度設定に頼らざるを得ない場面が多く、サブ機に買い増してもいいかなあ…なんて思ってたんです。実際高感度設定にしてそのパワーを試してみたいなと。ISO6400、12800で試したんですが、うーん…これα7RIIIと大して変わらなくね?というのが正直なところ。少なくとも買い増したくなるほどの差は感じられませんでした。


・SONY RX0

何これ面白い!そしてこのサイズでRAW撮影が出来ることに驚き。
まだまだ発展途上のジャンルだと思いますが、ようやく”良く出来たオモチャ”の域を脱しつつあるように感じました。先日花見に行ったらジンバル撮影カメラの「DJI OSMO POCKET」で撮影している外国人を見かけましたが、ああいうのを見てるともう一眼だミラーレスだなんて言い合っている事自体が時代遅れなんだと感じますね。私はもう付いて行けそうにありませんが、写真の世界が大きく変わろうとしているのを感じます。


・SONY RX1RM2

触るたびに頑張って買っちゃってもいいかも、と思わせる魔法のカメラ。でも冷静に考えたらコンデジに40万って…それにこれを買うくらいなら防塵防滴のライカ Q2の方がいいんじゃないかな…なんて思ったりもする。あっちは80万円でしたか?アルトやミラなら新車で買えそうな値段ですよ。どうなってんだ全く。


・RICOH GRIII

ホワイトバランスがまともになってる!
とにかく驚いたんですが、あまり騒がれてませんね。先代まではホワイトバランスがキ○ガイじみてたんですよ。世界一料理を不味そうに撮れるカメラは?と聞かれたら即答でリコーのGR!と答えるくらいに。それがまともになっていました。これだけで旧世代GR持ちの方は買いだと思います。動作はまあ確かにモッサリ感を感じますが、ぶっちゃけ大型センサーのコンデジってこんなもんじゃありませんか?これ以上のAFスピードを求めるならもう一眼持ち歩いたら?と思いますね。酷いと感じたのは噂のダイアルのズレ。展示機は特に個体差が酷い方に振れている個体なのだと思いますが、この個体に限れば適当で雑なto-fuさんでも開封後即クレームを入れたくなるレベルのズレでした。少なくとも10万円のコンデジという超ニッチな市場にこの出荷基準で突撃できちゃうリコーさんってヤバくね?と思わざるを得ません。これが許される国内メーカーはシグマだけですよ。


・Canon PowerShot G1X MarkIII

デザインから加齢臭が漂っていて(失礼)持ち歩くことに抵抗があるのですが、ぶっちゃけこれデザイン以外は最高なんですよ。APS-Cセンサーによるそれなりの写り、まずまず小さくて軽い、ファインダー有り(超重要)、防塵防滴(超重要)。XF10を触ってみてやっぱり日常スナップ用としてはファインダーが無いカメラは致命的だと分かった(写真メインでない旅行用ならファインダー無しでも可)ので、ファインダー有り、さらに防塵防滴を条件に出すともうこれしか選択肢が無いわけです。ああ、凄く欲しい。でも結構高い。今年の目標はこれかなー。

コメント:2

RYO-JI 19-04-13 (Sat) 23:45

旅行&日常スナップ用のカメラが一番悩ましいですよね。
ついつい多くを求めてしまって、その結果どれもダメ!みたいな(笑)。
そういう意味でもGRⅢも多くの短所があります(十字キーのナナメは呆れちゃいますね)。
Canon PowerShot G1X MarkIIIは加齢臭・・・に大ウケしました(笑)。
まぁ確かにいつの時代のデザインだと言いたくなります。
ただそれ以外は要望を満たすのならば一度は使ってみるのも手ですね。
だって私なんかはもう自身が加齢臭漂う年齢ですから(笑)。

to-fu 19-04-14 (Sun) 21:44

> RYO-JIさん
昔から色々買ってみるものの結局どれもしっくり来ませんね。
未だに最高のスナップカメラというと銀塩のGR1v、T3、LOMOくらいしか思い浮かびません。

買ってみましょうかねえ、G1X MarkIII。
使ったらコレジャナイ感があるかもしれませんが、少なくとも使ってみるまでは分かりませんよね。
シグマを筆頭に、99%納得がいかないけど突き抜けた1%があるから使い続ける!みたいな機材もあるので、
むしろ多くを求めない方が良い出会いがあるのかもしれません。いや、シグマは極端すぎますが。

RYO-JIさんは何となく、良いニオイがしそうです。高そうなシャンプーとかそんなニオイ。
いえ、別にそういう趣味はないのでクンクン嗅いだりはしてませんからね? 笑

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://withphotograph.com/wp-trackback.php?p=8855
Listed below are links to weblogs that reference
ヨドバシで色々触ってきた from with photograph

Home > FUJIFILM XF 23mm F1.4 R | Life Log | カメラの話 > ヨドバシで色々触ってきた

Archives
  • 2019 (95)
  • 2018 (358)
  • 2017 (115)
  • 2016 (37)
  • 2015 (116)
  • 2014 (100)
  • 2013 (28)
  • 2012 (52)
  • 2011 (55)
CATEGORIES

Return to page top