Home > FUJIFILM XF 23mm F1.4 R | Life Log > Diary

Diary


FUJIFILM X-Pro2 / XF 23mm F1.4 R / Film Simulation “ASTIA”

ちょっと野暮用があって「野間の大けやき」まで。
先日来たばかりですが何度来ても良いものです。


今日はこちらの「けやき資料館」に用事があったので、大けやきさんは今回むしろ”ついで”のような形になります。少しだけお話を伺いましたが、今年のフクロウは結局営巣せずに去ってしまったそうです。カラスが近くに巣を作ったからかもしれません…と仰っていました。昨年は三脚立てて陣取ったカメラマン連中のマナーが随分悪かったようなので、そちらの影響でなければよいのですが。(ちなみに今年から営巣時期は三脚使用禁止になっています。)アオバズクは例年通り営巣してくれそうだということなので、今年はアオバズクさんを暖かく見守りましょう。


こういうのを見ているだけでも余裕で時間を潰せる人間になってしまいました。


右下に人がいるのが分かりますか?決してコビトさんだとかヨウセイさんの類ではありませんよ?れっきとしたニンゲンです。こうして見ると本当に立派なケヤキですよね。しつこいようですが、何度見ても唸ってしまいます。ほとんどの方がフクロウが居ないと知ると即座に帰ってしまいますが、本当に勿体無いですよねえ。こんなに立派なケヤキは全国的に見ても珍しいのに。


いつもなら湯の花温泉→亀岡運動公園ルートで帰るところですが、今日は別に急がなくても…ということで妙見山越えルートで帰ることに。ただ帰るだけというのも何なので妙見山 本瀧寺を参拝。初めて立ち寄りましたが思っていたよりずっと立派なお寺ですね。


本瀧寺の御朱印をいただいて帰路に。朝から徘徊したらお腹が空いたので天ぷら定食を食べて帰宅しました。さて、そろそろ仕事しよう。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://withphotograph.com/wp-trackback.php?p=9318
Listed below are links to weblogs that reference
Diary from with photograph

Home > FUJIFILM XF 23mm F1.4 R | Life Log > Diary

Archives
  • 2019 (118)
  • 2018 (358)
  • 2017 (115)
  • 2016 (37)
  • 2015 (116)
  • 2014 (100)
  • 2013 (28)
  • 2012 (52)
  • 2011 (55)
CATEGORIES

Return to page top